覚張 京子

Published by michtam on 2014年6月28日(土)

artist_kakubarikyoko.jpg■プロフィール
 1959年、東京に生まれる。
 10歳より故三村勉氏につき、妹裕子と共にハープを始める。 直ぐに三村ハープアンサンブルのメンバーの一員として演奏活動を始める。’72年、’73年、’77年、’79年には海外演奏旅行にも参加。高校卒業後、日本ハープ音楽院に入学。在学中より講師としてカルチャーセンター等で教え始める。1980年、日本ハープ音楽院卒業。卒業後プロのハープ奏者として演奏活動を始める。
 1986年にはシンガポール・シンフォニー・オーケストラと共演。1990年、エヴァーグリーンチャペルにて受洗。以後、クリスチャン音楽家として活動している。1996年、NHK「堂々日本史」のテーマ音楽(篠原敬介作曲)を演奏。
1983年から東京・町田市でハープ教室(スタジオai)を開き後継者の育成にも力を入れている。
●関連リンク
 オフィシャルサイト http://euodianews.blogspot.jp/


■作品一覧
※ 各ジャケットをクリックすると詳細が見られます。


ハーププレイズ / 覚張京子

mcdn-1137.jpg賛美歌による心のいやし、ヒーリングハープ。
2013/11/6 released
CD:MCDN-1137 ¥2,400+税 Add to Shopping Cart

■覚張京子(Hp.) グローヴズ裕子(Hp.)
1997/4/5 original released


■ その他の覚張 京子 関連作品

mcdn-1138.jpg

歌詞検索

P&Wの歌詞の一部をひらがな5文字以上で入力してください。

※カタカナ、数字、英字なども、ひらがなに直して下さい。

管理者用